シューズのお手入れ方法

【素材別・シューズのお手入れ方法】

○シューズは本体素材以外にも様々な素材、部品、接着剤が使われます。基本的に高温多湿、直射日光、汚れたままの保管は各部材の劣化が早まりますので、濡れたままにしない、履いたその日はしまい込まない、汚れをこまめに落とすなど、日常での取り扱いに気を配りましょう。

●合成皮革、エナメル  

・合成皮革はベース生地またはマイクロファイバー素地にポリウレタンで質感や色合いを加工した素材です。表面は比較的雨に強いのが特徴です。水に濡れた場合は乾いた柔らかい布で拭き取り、風通しの良い場所で乾かします。汚れは中性洗剤を薄めたものをお使いください。ボールペンなどの油性の汚れは取れなくなりますのでご注意ください。

●ポリエステルスエード、マイクロファイバースエード  

・いずれもベース生地に起毛加工を施した素材です。靴を下ろす時には防水スプレーをかけます(液垂れしないように用法をお守りください)。お手入れの際はスエード用ブラシで軽くブラッシングをしましょう。

・箔加工等が施されている素材は、摩擦によって箔が落ちていきます。柔らかい毛先のブラシや乾いた布をお使いください。

​・ポリエステル素材は皮革やポリウレタン、ゴムなどの素材に対して色移りが生じます。薄い色の衣類等にご注意ください。

●布地  

・汚れが落ちにくいため、対策として使用前に防水スプレーをかけることをおすすめします。(目立たない箇所で試してからお使いください。)

●本革スエード(起毛)  

・スエード専用の防水スプレーを使用。履いた後はブラッシングし、毛並を逆立てて防水スプレーをかけ、毛並を整えます。気になる汚れは専用の消しゴムやムースタイプのクリーナーのご使用をおすすめします。

●本革スムース  

・一定方向に軽くブラシをかけ、埃や汚れを落とした後、布にクリームを少量とり、薄く塗り布によく馴染ませます。塗るときは必ず目立たない部分で試してから使用してください。

●特殊素材(箔素材やスパンコール、ファーなど)

・オーナメント、リボンなどの飾りがついたもの ・デリケートな素材は、柔らかいブラシや布を素材に応じて使い、ホコリを落とします。引っ張ったり、こすったりなどしないようにしてください。

・箔素材のキズや摩耗は修復出来ません。また、除光液などで箔部分が剥げますので、ご注意ください。

●レース・チュールなど

・レースやチュール、生地を張り合わせた加工素材のデリケートな素材は柔らかいブラシなどで優しく埃を落とします。防水スプレーは必ず目立たない箇所で試してからご使用ください。引っ張りや擦れにはじゅうぶんご注意ください。かかとやつま先の引っ掛けにもご注意ください。

 

【雨で濡れた場合】

濡れたまま放置すると、型崩れやカビなど、劣化の原因になります。

新聞紙や乾いたタオルなどで、水分を取り除き、風通しの良い日陰で乾かしてください。そのあとシューキーパーなどで型くずれを防ぎます。

靴の中が濡れた場合は同じく、新聞紙や乾いたタオルなどで、水分を取り除きます。シリカゲルなどの乾燥剤等を利用するのもおすすめです。

 

【匂いの対処について】

シューズの制作に欠かせない糊(接着剤)は刺激臭の少ないものを使用しておりますが、作りたてやおろしたてのシューズは糊の匂いが残ります。糊の匂いに敏感な方は、箱からシューズを取り出して、風通しの良い場所で数日陰干ししてくださると、軽減されます。

 

【FIKA TIAMの引き紐リボンについて】

このデザインはミシン職人による引き紐製法によって仕立てられています。

本体の履き口にぐるり一周しているので、若干の足入れ調整が可能です。一旦リボンを解いて、きゅっと締めたり、緩めたりしてみてください。リボンが解けた場合は、こちらの動画のように結ぶとほどけにくくなりますので試してみてください。